• ホーム >
  • イベント >
  • 平成24年度 第3回立正大学経済学部公開講座 開催のお知らせ

平成24年度 第3回立正大学経済学部公開講座 開催のお知らせ

2013/01/22

地域活性化の起爆剤!進化するコミュニティFM
~地域放送をネットで発信し、世界から人をよびこむ

立正大学経済学部では、NHK大阪放送局チーフアナウンサーの伊丹新(いたみしん)氏をお招きして、防災にも役立ち地域の活性化の起爆剤として注目され全国的に増加しているコミュニティFMのネットによる全国発信の動きについてお話いただきます。

日 時
平成25年2月6日(水)18:30~20:30 開場18:00
会 場
立正大学大崎キャンパス11号館5階1152教室
演 題
「地域活性化の起爆剤! 進化するコミュニティFM」
講 師
伊丹新 NHK大阪チーフアナウンサー
受講料
無料
申込方法
お名前(フリガナ)、電話番号、E-mailアドレス、同伴者のお名前を記入し(1)E-mail(2)郵便ハガキのいずれかの方法にて申し込みください。
お申込み/お問合せ
立正大学経済学部事務室 TEL.03-3492-7529 FAX.03-5487-3350  

※立正大学の学部生・大学院生は、自由に聴講できます。ただし、クリッカーまたは学生証を提示。

◆講師からの一言
「現在、日本全国にはおよそ250のコミュニティFM局があります。東日本大震災以降、防災目的のものも含めると30近いコミュニティFM局が生まれ、現在も各地で設立の動きは続いています。東京の芸能人の日常生活はわかるのに、マンションの隣の人の名前も仕事も知らない。身近なことを手軽に知ることができ、気軽に情報が発信できるメディアがほしい。万が一の災害の時に役立ち、普段は、地域おこしや地域のつながりを深めるためのメディアがほしい。地域のコミュニティFMは現在、第二の設立ブームを迎えています。今回のブームの背景にはネットを使えば格安で世界に情報を発信できるようになったことがあります。なぜ、今、全国各地で地域おこしの活動にとりくむ人々の注目が集まっているのか全国の事例をお伝えします。さあ、あなたもコミュニティFM始めてみませんか?」

ページの先頭へ戻る