大規模地震警戒宣言が発令された場合

臨時休校措置

大規模な地震の発生が予想され、
「大規模地震対策特別措置法」に基づき「地震防災強化地域判定会」(判定会)が招集されたことが報道された場合、
または大規模地震の警戒宣言が発令された場合には、
大学は休校措置をとります。

(判定会)が解散されたとき、
または警戒宣言が解除されたときは授業を再開しますが、
その後の対応については「交通障害等による臨時休講措置」に準じます。

地震発生時の対応

地震が発生したら

  1. 窓際や棚など、ガラスが割れたり物が落ちてきそうな場所から離れる。
  2. 机の下などに退避するか、バッグ・衣類などで頭を覆い、落下物から身を守る。
  3. あわてて外に出ない。
  4. (余裕があれば)出入り口のドアをあける。
  5. (余裕があれば)火元の確認をする。
  6. 周囲に人がいれば、声をかけ合って安全を確保しましょう。
  7. 安全な広い場所にいる場合は、動かずにその場で座り込み、 揺れが収まるのを待ちましょう。

揺れが収まった後の対応

  1. 周辺の状況を確認しましょう。
      ※火災が発生したり、負傷者が出た場合は、急いで近くにいる教職員に知らせる。
  2. 学内放送や教職員の指示・誘導に従って、必要があれば安全な場所に移動する。
      ※火災が発生している場合は、煙を吸わないようにハンカチやタオル等で口を覆いましょう。
      ※エレベータは使わずに階段で移動する。
       エレベータに閉じ込められたら、「非常呼出ボタン」等を利用して外部と連絡を取ること。
  3. ラジオ等で正確な情報収集に努め、なるべく一人では行動しないようにする。
  4. 通学中や自宅にいるときなど、学外にいる場合は、近くの消防・警察・自治体などの指示に従う。

その後の対応

1.家族や友人とお互いの安否を確認する
   NTT災害伝言ダイヤルや携帯電話各社の伝言板サービス等を利用して、
   自身の安否を登録し、家族や友人の安否を確認しましょう。
    ※下記サービスは災害時のみに提供されるものなので、平常時は利用できません。
     体験利用できる日もありますので、詳細は各社ホームページを参照してください。
 

2.大学へ安否を報告する
   自分自身や家族の安全が確保され、今後の予定が立った時点で、下記の方法で自分の状況を報告してください。

   ★メールで報告
     下記メールアドレスまで安否のメールを送信してください。
      ■学部・学科・学年  ■学籍番号  ■氏名 
      ■現在の状況(無事か?ケガ等は?今いる場所、今後の移動予定等)
             ≪送信先:anpi@ris.ac.jp≫
   ★ハガキで報告
     安否連絡表をハガキに貼り付け、所属の学部(研究科)事務室宛に送付して下さい。

   ★その他の連絡先
     ※安否の連絡は、なるべくメールやハガキを活用してください。
     ●大崎校舎
       仏教学部事務室             03-3492-8528
       文学部事務室              03-3492-8791
       大学院文学研究科事務室         03-3492-3830
       経済学部・大学院経済学研究科事務室   03-3492-7529
       経営学部・大学院経営学研究科事務室   03-3492-1031
       心理学部・大学院心理学研究科事務室   03-3492-6196
     ●熊谷校舎
       法学部・大学院法学研究科事務室          048-536-6000
       社会福祉学部・大学院社会福祉学研究科事務室    048-536-1328
       地球環境科学部・大学院地球環境科学研究科事務室  048-539-1630

3.大学からの情報を確認する
   災害発生後の大学としての対応については、下記ホームページ上でお知らせします。

 
 

日頃から心掛けておく事

  1. 一時避難場所・広域避難場所の確認
  2. 避難経路の確認
  3. 自宅周辺の危険物がある場所の確認
  4. 非常持ち出し品の準備確認
  5. 非常備蓄品の確保(3日間分が目安。たとえば飲料水1人一日3リットルなど)
  6. 家族と災害についての会話をもち、連絡方法など決めておくとよい(災害用連絡ダイヤルなど)
  7. 万一のため自分の緊急連絡先・既往症など書いたものを身に着けておくとよい

ページの先頭へ戻る