AED(自動対外式除細動器)の利用について

AEDとは、心臓がけいれんし機能を失った状態に陥った際に、心電図を自動的に解析し、必要な場合のみ電気ショックを与え、正常な働きに戻すための医療機器です。

2004年7月より一般市民でも使用できるようになり、空港や駅、スポーツクラブ、学校、公共施設等を中心に全国的に普及が進んでいます。最近では、一般の方がAEDを使用して救命処置をした事例も増えてきています。
AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用できるようになっています。救急車が到着する前に、傷病者の近くに居合わせた人がAEDを使用して、電気ショックをできるだけ早く行うことが重要ですので、事前にAEDの講習を受けておくことをお勧めします。

大学では、下記のとおり2キャンパスの主な施設にAEDを設置してありますので、救命処置に役立ててください。

大崎キャンパスAED設置場所

大崎キャンパスAED設置場所

熊谷キャンパスAED設置場所

熊谷キャンパスAED設置場所

AED(自動対外式除細動器)を用いた応急手当の要領

ページの先頭へ戻る